筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

なぜカフェインがトレーニングに効果的なのか?

スポンサーリンク

f:id:daimori1005:20191026102710j:plain

カフェインがトレーニングに効果的なことは知っていますか?

カフェインは昔ドーピング対象になっていたくらい、トレーニングに対して影響を与えます。

本記事では、カフェインがどのような効果を持つのか、またトレーニングにどのような影響を与えるのかを解説します。

筋トレに興味がある方は必見です。

是非ご覧ください。

 

 

カフェインの効果

覚醒作用

カフェインに覚醒作用があることは皆さんご存じだと思います。

コーヒー飲むと眠れなくなる

一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際に、カフェインには中枢神経を興奮させることによる覚醒作用があります。

覚醒作用や興奮作用は以下のような効果をもたらします。

  1. 集中力が高まる
  2. 自律神経の働きが強まる
  3. 老廃物を排出

特に集中力が高まることで、トレーニングの質の向上が期待できます。

 

脂肪燃焼効果

カフェインには脂肪燃焼効果もあります。

カフェインはリパーゼと呼ばれる脂肪を代謝する酵素を活性化し、脂肪燃焼を促します

また、カフェインを運動前に取ることで、筋グリコーゲンをエネルギーとして使うことが抑制され、代わりに脂肪をエネルギーとしてより多く使われるようになると報告されています。

 

筋力増強効果

運動による疲労や眠気を感じるものに、アデノシン受容体というものがあります。

カフェインは、アデノシン受容体に拮抗しその感受性を低くします。

また、アデノシン受容体の感受性を低くすることで、脳内から神経活動を高めるドーパミンや、副腎からのアドレナリンなどの物質が発生します。

これによって筋力の一時的な増強効果があると言われています。

 

解熱鎮痛効果

トレーニングには関係なくなってしまいますが、カフェインには解熱鎮痛効果もあります。頭痛の時などはコーヒーを飲むと、軽減されることがあります。

 

カフェインのデメリット

カフェイン中毒

カフェインに依存しすぎるとカフェイン中毒になります。

1時間程度で1000mg以上のカフェインを摂ると、カフェイン中毒になる可能性があります。

カフェイン中毒は、精神異常や体調悪化を引き起こします。

また中毒の後は離脱症状も起こります。

摂りすぎには注意です。

 

頭痛が起こりやすくなることも

カフェインは解熱鎮痛作用があるため、頭痛などを抑えることができます。

しかし常用していると、かえって頭痛が起こりやすくなってしまいます。

適切な量を見極めることが大切です。

f:id:daimori1005:20191026110515j:plain

カフェインを摂るタイミング

カフェインは、摂取から30分から1時間程度で血中濃度が最大になります。

トレーニング中に最大のパフォーマンスを出したい場合は、この時間を目安に考えて摂取すると良いです。

 

また、夜や夜中にトレーニングしている人はカフェインを摂ることは控えたほうが良いです。

カフェインとトレーニングによって、眠気を感じづらくなってしまい眠れなくなってしまう場合があります。

 

ちなみに、カフェインと同時にプロテインを摂るとさらに効果的です。

こちらは、ボディービルダーの山本義徳先生もやっています。

 

まとめ 

いかがでしたか?

本記事では、カフェインの効果や注意点を解説しました。

カフェインはトレーニングにとても有効な物質である一方、摂りすぎには注意ですね。

 

こちらの記事もおすすめ


スポンサーリンク