筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

ジムで初心者がやるべきトレーニング

スポンサーリンク

f:id:daimori1005:20191104133529j:plain

初心者の方は、通い始めたジムでどんなトレーニングをしていいかわからないですよね。

本記事では、初心者の方がジムでやるべきトレーニングの種目とその理由を解説します。

筋トレ初心者の方は是非ご覧ください。

 

ジムで初心者がやるべきトレーニング

初心者こそBIG3をやろう!

初心者の方はまずBIG3から始めましょう。

BIG3とは以下のことを指します。 

  1. ベンチプレス
  2. スクワット
  3. デッドリフト

この3種目はどれも関与する筋肉が多く、全身を効率良く鍛えることができます。

そのため、BIG3と呼ばれています。

また、BIG3は関与する筋肉が多いため、コンパウンド種目(複合種目)とも呼ばれます。

コンパウンド種目に対して、狙う部位を狭めて行うトレーニングはアイソレーション種目と言います。

では、どうしてBIG3をやるのがいいのでしょうか?

 

BIG3をやるべき理由

  • 全身を一気に鍛えることができる 
  • 体幹が鍛えられる
  • 効かせ方がわからなくても勝手に効く
  • トレーニングやってる感が出る

BIG3は関与する筋肉が多いので、1種目で一気に鍛えることができます。

 

また、バーベルのバランスと自分の体の重心のバランスを保たなければいけないので、体幹も鍛えることができます

 

コンパウンド種目はアイソレーション種目よりも重量を扱うことができます

アイソレーション種目では効かせ方がわかっていないとうまく鍛えられないことがありますが、コンパウンド種目は勝手に効いてくれます。

 

そして何より、ベンチプレスとかって一番筋トレやってる感ありますよね。笑

 

細かいトレーニングは土台ができてから

まずは筋肉の土台を作ってからでないと、細かいトレーニングでうまく効かすことができません。

なのでまずはBIG3から!

土台作りが肝心です。

 

BIG3で効く部位は?

ベンチプレス

f:id:daimori1005:20191104135513j:plain

ベンチプレスは、大胸筋だけでなく肩や三頭、体幹、脚の力を使って挙上します。

つまり、これらの筋肉の発達を促すことができます。

 

まずは自分の体重分挙げれるようにがんばりましょう。

スクワット

f:id:daimori1005:20191104135629j:plain

スクワットは、大腿四頭筋、ハムストリングス、体幹、大殿筋に効きます。

筋肉の半分以上は下半身に存在します。

スクワットでは、その下半身の筋肉を中心に鍛えることができます。

ちなみにバーベルスクワットはめちゃくちゃ疲れます。

 

デッドリフト

f:id:daimori1005:20191104135646j:plain

デッドリフトでは、大殿筋、ハムストリングス、体幹、広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋を鍛えることができます。

デッドリフトは他のBIG3の種目に比べて、重量が扱いやすいです。

あと個人的にですが、地面にバーを降ろした時の音がすきです。笑

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、初心者がやるべきトレーニングをまとめました。

初心者こそBIG3です!

これを機会に是非BIG3をやってみてくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ

スポンサーリンク