筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

リストラップのすすめ【筋トレ不可欠】

スポンサーリンク

リストラップのすすめ【筋トレ不可欠】

高重量を扱った後、手首が痛くなっていませんか?

そんなときにはリストラップを巻きましょう。

リストラップは手首を保護してくれますよ。

本記事では、筋トレにおけるリストラップの重要性を解説します。

筋トレ初心者の方必見です。

 

 

リストラップのすすめ

リストラップをつけようとしている

リストラップとは、文字通り手首に巻く筋トレグッズのひとつです。

リストラップを巻くことは、手首を固定し保護する役割を果たします。

メリットはざっと以下のような感じ。

  1. 手首が固定できるため、痛みがなくなる
  2. 手首への負担・不安がなく、高重量が扱いやすい
  3. 巻いているとそれっぽい

 

例えばベンチプレスでは、自分の体重くらいの重量を扱い始めたあたりでリストラップを付け始める方が多いように感じます。

最近はジムで巻いてる人もかなりたくさんいますね。

 

僕の場合、ベンチプレスを始めとしたプレス種目や、バーベルスクワット、高重量でのアームカールをするときなどに巻いています

手首への負担をうまく分散させるのは難しいですが、リストラップを巻けばかなり軽減されます。

僕は巻かないと手首が1日中痛いこともありました。

少しでも手首に違和感を感じ始めたら、巻きましょう。

 

トレーニンググローブやパワーグリップ、リストストラップとの違い

今日日では様々な筋トレグッズが販売されていて、どれがどれかわからないですよね。

当の自分も、以前はリストラップとリストストラップを一緒のものだと思ってました。笑

本章では、紛らわしい筋トレグッズの相違について解説します。

 

トレーニンググローブ

トレーニンググローブの画像

トレーニンググローブは上記画像のようなものを指します。

指の先っぽ以外の手のほとんどの部分を覆うグローブです

また、手首部分にはリストラップが付いていることが多いです。

 

これの特徴は以下。

  1. 高重量でも手のひらが痛くなりにくい
  2. マメができにくい
  3. 汗をかくと脱着しずらい
  4. リストラップが弱いものもある

リストラップ部分は短いものが多いため、固定力は弱いです。

また、汗をかくとものすごく脱着しづらいですね。

ただダンベルのトゲトゲが痛い場合とかは付けるといいかも。

 

パワーグリップ

パワーグリップの画像

こういう感じのやつ。

バーベルに巻き付けて使います。

手に密着させて巻くタイプと、手との隙間にバーベルを差し込むタイプがあります。

こちらは握力の補助が目的です。

特にデッドリフトやチンニング(懸垂)など、握力が先にダウンしてしまう種目に使います。

また、同時に手のひらも保護でき、マメもできにくいです。

 

リストストラップ

リストストラップの画像

リストストラップは上記のようなもの。

目的は大体パワーグリップと一緒で、握力の補助です。

リストラップと名前は似てても、効果は全く異なりますね。

 

リストラップを巻く重量

初心者の方が最も気になるのはこれだと思います。

結論から言うと、何kgでもいいです。

軽い重量設定でも、もしものケガに備えて巻いておくこともアリだと思います。

トレーニングをしていると、いつかは必ず使うようになる時が来ます。

なので早めに買ってしまって、少しでも手首の故障のリスクを減らすといいかもしれませんね。

 

リストラップの長さ

リストラップには、長いタイプと短いタイプがあります。

断言しますが、絶対に長いタイプを買いましょう。

長いタイプは60~90cmのものです。

長いタイプは固定力がとても高く、重量がどこまで伸びても使えます。

短いタイプやグローブについているリストラップは、そこそこの重量まで行くと普通に手首への負担を感じます。

また、長いタイプは1000円くらいの安いものでも普通に数年単位で使えます。

 

どの価格帯のリストラップがおすすめ?

リストラップの価格は1000円くらいのものから6000円くらいのものまで存在します。

正直どれを選ぶかは個人の自由です。笑

僕は1000円のやつを2年半以上使ってますが、片方のマジックテープが少し弱くなってきたくらいで、まだまだ現役です!

 

僕が使っているのはこちら。

 

初心者の方は1000円くらいのやつを試しに買ってみるのがいいと思います。

上級者の方はSBDやSchiekのものを買うと、高品質で良いと思います。 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、筋トレにおけるリストラップの重要性を解説し、選ぶ際のポイントをお伝えしました。

リストラップはかなり重宝します。はやめに買っておくのが吉ですね。

 

こちらの記事もおすすめ

www.i-like-output.work

スポンサーリンク

//タブメニュー