筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

ネガティブトレーニングとは?メリットを解説【筋トレ】

スポンサーリンク

ネガティブトレーニングとは?メリットを解説


みなさん、ネガティブトレーニングはご存じですか?

筋肉の収縮はポジティブ・ネガティブに分かれています。

この両者の特性を知った上で筋トレに活かすと効率的な筋肥大が望めます。

本記事では、ネガティブトレーニングの概要とメリットを解説します。

是非ご覧ください。

 

 

ネガティブトレーニングとは?

ネガティブトレーニング

ネガティブトレーニングはウェイトを降ろす動作です。
重さに拮抗しつつ元の位置に戻す動作。
伸張性収縮(エキセントリック)とも呼ばれます。

このネガティブトレーニングに対して、ポジティブトレーニングも存在します。

ポジティブトレーニング

ポジティブトレーニングはウェイトを挙げる動作です。
重さに拮抗しつつ持ち上げる動作。
短縮性収縮(コンセントリック)とも呼ばれます。

 

ネガティブトレーニングのメリット

ネガティブトレーニングのメリット

最後まで追い込める

ネガティブトレーニングを行うことで、最後まで追い込むことが可能になります。

以下のような手順で行います。

  1. ポジティブは反動(チート)を使って挙げる
  2. ネガティブはいつも以上にゆっくりと降ろす

ネガティブはポジティブよりも強い力が出ます。

なので、ポジティブは反動で上げ、ネガティブを意識することで最後まで追い込むことが可能です。

また、こうすることでいつよりも高重量を扱えます。

 

筋肥大を促進できる

高重量を扱えるネガティブトレーニングでは、筋肥大をより促進できます。

今までは、ネガティブトレーニングはポジティブトレーニングよりもかなり効果的だとされていました。

しかしながら研究が進むにつれ、「ネガティブトレーニングはポジティブトレーニングよりも少しだけ効果的」という結論に至りました。

ただし、これは単体での効果比較のため、二つのトレーニング方法を組み合わせ、極限まで追い込むことは筋肥大に間違いなく有効です。

 

時短できる

ポジティブに比べ、ネガティブは筋肉へのダメージが大きくなっています。

なので、同じボリュームで行う場合でもネガティブトレーニングで行えば時間短縮に役立ちます。

忙しい方にもおすすめですね。

 

ネガティブトレーニングの方法

先ほども記述しましたが、

  1. ポジティブは反動で上げる or 補助してもらう
  2. ネガティブはゆっくりと下げる

ネガティブトレーニングはこれだけです。

これを意識するだけで圧倒的に追い込むことが可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、筋トレにおけるネガティブトレーニングの概要とメリットを解説しました。

ネガティブトレーニングを意識することで、今まで追い込めなかった方も追い込めるようになるかもしれませんね。

是非やってみてください。

 

こちらの記事もおすすめ

スポンサーリンク

//タブメニュー