筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

叙々苑ランチはCランチを頼むべき理由【焼肉店員による評価】

スポンサーリンク

f:id:daimori1005:20190929115123g:plain

叙々苑様からお借りしました

こんにちは!

 

9/25~9/27で大阪、京都に彼女と観光旅行に行ってきました!

 

2日目に大阪駅のルクアにある叙々苑でCコースのランチを食べてきたので、その感想を書き連ねていこうかと思います。

 

僕は焼肉屋で働いているので、普通の飲食店や焼肉屋とどこがどういう風に違うのかといった、一般の方とは異なる視点でも書いていきます!

 

「叙々苑行こうかな」

と思っている方は是非ご覧ください!

 

 

叙々苑の場所や待ち時間

 

僕は大阪駅に直結している、ルクアにある「叙々苑 ルクア大阪店」に行きました。

 

場所と店舗情報

f:id:daimori1005:20190929114229j:plain

叙々苑ルクア大阪店

住所 : 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア10F

営業時間 : 11:00 ~ 22:00(ご案内)

ラストオーダー: 22:30

閉店 : 23:00

ランチタイム : 11:00~15:00

電話番号 : 06-6347-0809

予約は平日のディナーのみ可能

全席禁煙

 

ルクア10階の隅っこにあります。

 

待ち時間と受付対応

僕は9月26日 木曜日の11:45分頃に叙々苑に到着しました。

受付では、着物を着た綺麗なお姉さんが出迎えてくれました。

この時点で、普通の焼肉屋とは違うなーと思いました。笑

 

11:45時点で満席かつ5組程度待ちがありました。

受付のお姉さん曰く、

「12:30~13:00頃に空いてくると思われます。」

とのことでした。

なので大体 1時間待ちくらいかなーといったところでした。

 

お姉さんに名前と電話番号を伝えると待ち行列に加えられます。

 

お店の前には数席程度の椅子が用意してありました。

そこで待っても良いですし、ショッピングに出ても大丈夫です。

 

ポイント

明確な待ち時間が伝えられる上に、電話でお知らせしてくれる。

時間を伝えてくれるため、そのあとの予定も立てやすいですし、電話でのお知らせのおかげでルクア内で買い物をすることができます。

ほかの飲食店では店先で待つ必要があるところも多く、こういった対応はあまり見かけませんので1つのアドバンテージですね。

僕は買い物に行きまして、大体30分ぐらいたった 12:15分頃に電話でお知らせがきました。

 

そして運良くパノラマ席(景色が見える席)にご案内されました。

景色はこんな感じ。

f:id:daimori1005:20190928163413j:image

 

彼女は大喜びしてました。笑

パノラマ席は4卓しかないので、希望の場合は伝えておくと良いと思います。

 

メニューとオーダーテイクの対応

メニューは写真撮り忘れたので、公式サイトからのスクショを貼り付けておきます。笑

f:id:daimori1005:20190929114657p:plain

https://www.jojoen.co.jp/shop/jojoen/lucua/ からお借りしました

 

 

着席して少しすると、おしぼりとエプロンとお水をもってきてくれます。

オーダーテイクも同時にされます。

 

僕達は「もうちょっと考えます」と言いましたが、2分ぐらいで別の人がオーダーテイクに来ました。笑

お客をよく見るよう指導されているのだと思います。とても素晴らしいですね。

 

僕たちは、焼肉ランチ [C] を2つ注文しました。 

 

ご飯のサイズ(大中小)ドリンクの種類といつ持ってくるか、そしてお肉はタレ味で大丈夫かを聞かれました。

また、併せてロースターの説明もして頂きました。

 

point

言葉遣いがとても丁寧かつ、説明がわかりやすい

他の飲食店よりも格段に言葉遣いが丁寧でした。

説明も十分わかりやすかったですね。

お客様を気遣う姿勢が伺えて素晴らしいと思います。

 

ドリンクや料理の提供

 

ドリンクは食事と一緒のタイミングでお願いしましたが、オーダーしてからすぐに来ました。まあこれはそこまで気にする必要はないかなと思います。

 

アイスコーヒーを1つ頼みましたが、ガムシロップとフレッシュは2つずつ頂いたので、細かい配慮も行き届いているなあ、といった感想です。

 

料理はまずお肉とアイス以外が運ばれてきます。その後すぐにお肉が到着します。

提供時間は、早すぎず遅すぎずの絶妙な時間でした。

料理はこんな感じ。

f:id:daimori1005:20190929162343j:image

 

ちなみにトングは人数分頂きました。

 

料理の精査

 

Cランチの料理の精査をしていきたいと思います。

全体的に、量はちょうど良いくらいだと思いました。

 

ご飯

普通においしい白米です。

中サイズで大体 200 ~ 250g程度だと思いました。

中サイズの量としては妥当です。

 

わかめスープ

わかめ・ごま油・だし の味がするベーシックなわかめスープだと思いました。

スープは締めに飲む方もいると思いますが、すべての料理が同時に提供されるため、食後には冷めてしまっている点がマイナスポイントでしょうか。

食後にアツアツで飲みたい方は後から持ってきてもらうことも可能かもしれません。

 

サラダ

サラダ菜と皮を取り除いたキュウリの斜薄切りに、特製ドレッシングがかかっているものとなります。

葉っぱの大きさはちょうど良いと思いました。

ドレッシングは、にんにくの風味をベースに、ごま油や醤油、調味料少々でまとめた味がしました。

サラダで米いけるくらいおいしかったです。笑

 

キムチ

白菜のキムチとキュウリのキムチが提供されます。

叙々苑のキムチは手作りで丹精込めて作っているようです。

味としては、甘すぎず辛すぎずで上手くまとまっていました。

 

ナムル

ナムルは大根、もやし、ぜんまい、青菜の4種類と、普通の焼肉屋でもありがちなものです。

味も普通においしいですが、特筆すべき点は見当たりませんでした。

 

タレ類

Cランチでは3種類のタレが提供されます。

叙々苑のタレ、レモンダレ、柚子入り辛味ダレです。

 

叙々苑のタレは主張しすぎない味で、肉の美味しさを引き立ててくれました。

 

レモンダレは、輪切りレモンがひとつ丸ごと入っています。

適度に粘性があり、牛タンに絡みやすくなっていました。

余談ですが、牛タンにレモンの組み合わせは叙々苑が発祥らしいです。

 

柚子入り辛味ダレは、結構辛さが主張してくる味でした。

柚子っぽさよりも辛さに気が向いてしまう気がしましたね。

 

肉盛り合わせ

お肉の盛り合わせには、牛タン、上カルビ、特選ロース、そしてガロニ(付け合せの野菜)がのっています。

 

牛タン

2枚のっています。

1つは牛タンでよくある普通のタン中(クラウンカット)のお肉でした。

もうひとつの若干厚切りになっている方は、タン中のタン元寄り、またはタン元そのもののお肉だと思いました。

 

タン元はタンの中で最も柔らかい部位です。

厚切りでも柔らかいですし、焼いても柔らかいです。

 

味はとても美味しいと思いました。

さすが厳選されているだけのお肉でしたね。

 

上カルビ

おそらくフランクやカイノミ周辺の部位です。

結構脂多めでした。

美味しくて口の中ですぐ溶けてしまいますね。

大きさは普通の焼肉の大きさくらいです。

こちらは2枚付けでした。

 

特選ロース

4枚付けで運ばれてきました。

こちらはサーロインやリブロースかなー?と思います。

というのも、脂身が少しあったことや、全体的に脂に甘みがあったからです。

割と大判です。一口でいくのが少し苦労するくらい。

 

ガロニ(付け合せの野菜)

ネギの斜切りと、食用の蘭(デンファレ)、赤ピーマン、黄ピーマンがのっています。

 

食後

全て食べ終わるとお盆を下げてくれます。

そしてロースターを消し、上から蓋をしてそこに紙ナプキンと爪楊枝を置いてくれます。

爪楊枝は蓋まで開けてくれました!

 

そして、「デザートお持ち致します」

とのこと。

 

デザート

デザートはこんな感じ。

f:id:daimori1005:20190929162928j:image

バニラアイスです。

ハート型にチョコレートが可愛かったです。

 

会計まで

席を立つと、

「足元お気をつけください」

との声。

そしてレジへ到着、会計は普通でした。

Cランチ2つで11600円でした。

 

口直しにグレープミントのタブレットが貰えます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は叙々苑Cランチを食べた感想を書いてみました。

 

味も接客も上質で、焼肉屋で働く僕もとても感銘を受けました。

 

言ったことない方、1番安いランチは3000円もしないくらいなので、1度この上質な体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

僕は叙々苑りぴーたーになりたくなってしまいました。笑

 

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

 

それでは!

スポンサーリンク