筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

プロテインはいつ飲むべきか【筋トレ】

スポンサーリンク

プロテインはいつ飲むべきか【筋トレ】

プロテインをいつ飲むべきかご存じですか?

一般的に知られているのは、運動後30分以内ですよね。

これをゴールデンタイムといいますが、プロテインを飲むべきなのはこの時間に限りません。

本記事では、筋トレをしている方に最適なプロテインの摂取タイミングを解説します。

筋トレ初心者の方から上級者の方まで必見です。

ぜひご覧ください。

 

プロテインについて

プロテインの摂取量

トレーニングをしている人は、一般的に体重の2倍のグラム数のたんぱく質を摂るとよいといわれています。

なので、しっかりマクロを計算し、食事で摂取できる分を補う形でプロテインを飲むのが良いですね。

僕は最高で1日3回か4回くらい飲んでいました。

 

プロテインは炭水化物と一緒に

プロテインは単体で飲むよりも、炭水化物と飲むことで吸収効率を上げることが知られています。

炭水化物を摂ることで、血糖値の上昇によりインスリンが分泌されます。

このインスリンの働きによって、プロテインの吸収効率が上がるといわれています。

 

プロテインを飲むタイミング

トレーニング前

筋トレをしている方は、必ずと言っていいほどトレーニングが終わった後のゴールデンタイムにプロテインを飲むと思います。

ですが、もう一つ飲むべきタイミングがあります。

それは、トレーニングの1時間~2時間前です。

というのも、プロテインは飲んでから血中に行きわたるまでに時間が必要です。

プロテインを飲んで、血中に届く時間は1~2時間といわれています。

つまり、トレーニングの1~2時間前に飲むことで様々なメリットを享受することができます。具体的には、

  1. 筋肉の異化(カタボリック)を最大限防ぐことができる
  2. トレーニングのエネルギーが増える
  3. 分解された筋肉が再生するのを最大限助ける

といったメリットがあります。

 

ゴールデンタイムには、すでにプロテインが血中に回っていることで、より筋合成が行われ、分解される量が少なくて済みます。

なので、ゴールデンタイムから逆算してプロテインを飲んでおくと効率的です。

 

就寝前

就寝時には、成長ホルモンが分泌され、筋合成が行われやすくなります。

このとき、十分な量のたんぱく質を蓄えておくことで、よりたくさんの筋肉を作ることができるようになります。

そのため、就寝前にプロテインを摂ることも有効です。

 

まとめ

プロテインの摂取量やタイミングについてまとめました。

たんぱく質は摂りすぎてもいけませんので、しっかりとマクロ栄養素を計算し、適切な量のプロテインを摂るようにするとよいですね。

スポンサーリンク

//タブメニュー