筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

筋トレ初心者は効かせ方を意識しない方がいい【筋トレ】

スポンサーリンク

筋トレ初心者は効かせ方を意識しない方がいい【筋トレ】

「トレーニングをしているけど、効かせ方がわからない」

こんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

割と初心者にありがちな悩みだと思うのですが、これには原因があります。

本記事では、筋トレ初心者が陥りがちな”効かせ方がわからない”を解決する方法を解説します。

是非ご覧ください。

 

筋トレ初心者は効かせ方を意識しない方がいい

トレーニングについて調べたり、動画を見たりしていると、

必ずと言っていいほど

「効かせ方」

という言葉が出てくると思います。

初心者の方など知識がない状態の方は、これを聞いて実際にやってみたところで、どの感覚が効いている感覚なのかわからないと思います。

実際に僕もそうでした。

 

重量を扱えば勝手に効いてくるわけですが、その一方で軽い重量でトレーニングする場合にはこの効かせ方は重要な要素となってきます。

 

効かせ方がわからない原因

効かせ方がわからないことにはいくつかの原因があります。

  1. 神経が発達していない
  2. そもそも経験が乏しい
  3. 効かせれていない

基本的には原因はこの3つにわかれます。

 

まず神経発達について書きます。

トレーニングをしていくにつれ、鍛えている部位の神経が発達し筋肉をある程度自由に動かせるようになります。

例えば、お腹周り、つまり腹筋に力を入れることは容易だと思います。

しかしながら、「胸筋に力を入れて」と言われてすぐに力を入れれる方は普段からトレーニングしている方以外にいません。

これは神経が発達していないためにおこります。

「胸ぴく」(胸をぴくぴくさせる)という言葉が存在しますが、 これも神経が発達しているからできるんですね。

神経は、発達するにつれ筋肉を使用できる割合が増えます。

なので、神経が発達していない初心者の方などは、使用している筋肉率が低く、効いているかわからない、といった状況になります。

 

次にそもそも経験が乏しい場合です。

効いている感覚は、やはり何度もやったり、いろんな種目をやったりして覚えないとわかりません。

仮に神経が発達していても、経験がない場合には、効いていてもそれを認知できない状態にいます。

 

最後に、効かせれていない場合です。

まず、トレーニングをそこそこしているのに効く感覚がわからない方は、そもそも効かせれていないと考えたほうが良いです。

初心者の方の場合、ここはとりあえず気にしなくていいです。

 

初心者は何でもいいから続ける

上記を踏まえて、効かせ方がわからない初心者の方が、その状況を抜け出すには、

続ける

以外に道はないです。

 

初心者のうちは、効かせ方なんて気にせずある程度の重量で筋トレをやっていると、いつの間にか効かせ方も含め色んなことがわかるようになると思います。

なので、とにかく続ける。

効かせ方とかは、もっと上達してからでも遅くないです。

 

まとめ

初心者が陥りがちな、効かせ方がわからない状況についてまとめました。

とにかく継続が大事ですね。

こちらの記事もおすすめ

 

スポンサーリンク

//タブメニュー