筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

ケーブルで行う胸トレ【筋トレ】

スポンサーリンク

ケーブルで行う胸トレ【筋トレ】

ケーブルで行う胸トレ「ケーブルフライ

ジムに行くとこれをやってる方結構いますよね。

ケーブルフライは、軌道ごとに効く部位が異なっており、種類としては3種類程度あります。

本記事では、ケーブルフライの種類別に解説を行っていきます。

筋トレ初心者の方必見です。

ぜひご覧ください。

 

ケーブルで行う胸トレ「ケーブルフライ」

ノーマルケーブルフライ

ノーマルのケーブルフライをしている男性

こんな感じで、軌道は水平です。

効く部位としては、

  • 大胸筋中部
  • 大胸筋下部
  • 大胸筋上部
  • 三角筋前部(すこし)

です。ノーマルタイプは、大胸筋全体を広く鍛えたいときに有効です。

やり方はいたって簡単で、ケーブルマシンの高さを、グリップを持った時腕が水平になるように調節し、画像のような動作を行うだけです。

 

僕はいつも、ベンチプレスが終わった後さらに追い込みたいときにやってます。

 

ハイケーブルフライ

ハイケーブルフライをしている男性

上から下への軌道を描く、ハイケーブルフライです。

効く部位としては、

  • 大胸筋下部
  • 三角筋前部

と考えてもらえればいいと思います。

もちろん大胸筋の上部や中部も多少使いますが、メインは下部に効きます。

大胸筋下部を発達させることで、胸の立体感が増す効果が得られます。

もし、大胸筋下部だけを狙って筋トレしたい方は、ハイケーブルフライを取り入れることをおすすめします。

 

ローケーブルフライ

ローケーブルフライをしている男性

下から上への軌道を描きます。

ローケーブルフライは、

  • 大胸筋上部

を徹底的に鍛えることができる種目です。

 

基本的に、多くの人は大胸筋上部があまり発達してません。

ローケーブルフライや、インクラインベンチプレスを取り入れることで、上部がよく発達しほかの人との差別化を図ることができるため、コンテストなどに出場したい方は上部をしっかりとトレーニングしましょう。

 

ケーブルフライはフリーウェイトの後でやる

初心者の方はフリーウェイトを積極的に取り入れましょう。

こちらで理由を解説しています。

ジムで初心者がやるべきトレーニング - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

 

フリーウェイトでしっかりと追い込んだ後、さらなる追い込みのためにケーブルフライをやるようにすると、より効率的な大胸筋の発達が見込めます。

 

その他のおすすめの胸トレ

僕のおすすめ胸トレはこちら。

胸トレのおすすめ5選【初心者向け】 - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

 

まとめ

ケーブルで行う胸トレについてまとめました。

ケーブルフライはかなり効く種目なのでぜひやってみてくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ。

脚トレのマシン一覧【筋トレ】 - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレ初心者は効かせ方を意識しない方がいい【筋トレ】 - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

スポンサーリンク

//タブメニュー