筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

ベンチプレスのやり方【胸トレ】

スポンサーリンク

ベンチプレスのやり方【筋トレ】

ベンチプレスのやり方を知りたいですか?

本記事では、

  • ベンチプレスのやり方
  • 初心者が気を付けるべきこと
  • フォームの注意点

といったことを解説します。

胸板を厚くしたい方必見です。是非ご覧ください。

ベンチプレスのやり方

ベンチプレスのやり方【胸トレ】

胸トレの王様、ベンチプレス。そのやり方を紹介します。

  1. ベンチに寝転ぶ
  2. バーを握る前に、肩甲骨を寄せ、胸椎を開く(胸を張る)
  3. 肩幅ちょい広めくらいでバーを握る
  4. バーをラックアップし、胸まで下げる。このとき、バーと腕が垂直になるような位置に降ろす。
  5. バーを挙上する

以上が一連の流れとなります。

ベンチプレスのフォームはかなり奥が深く、人によって最適なものが異なりますね。
ちなみにベンチプレスで鍛えられる部位は、大胸筋・上腕三頭筋・三角筋・腹筋です。

ポイントとしては、胸椎を開くこととバーを降ろす位置が大事ですね。
胸椎を開くことで、しっかりと大胸筋を使うことができ、刺激も段違いに変わってきます。
また、バーを降ろす位置は必ずバーと腕が垂直状態を保つような位置に降ろす必要があります。

基本的に、5~10repくらいを3~5setくらいやるといいですね。

初心者が気を付けるべきこと

ベンチプレスのやり方【胸トレ】

初心者の方が気を付けることとしては、

  • 無理な重量でやらないこと
  • 胸をしっかりと張ること

です。

初心者のときって、つい無理な重量でやってみたくなりますよね。
実際自分もそうでした。軽い重量はダサいみたいな
ものすごく気持ちわかりますが、どれだけ重量扱ってる人も、初心者時代は必ず通ってきてます。なので軽くても恥じることはないです。


あとは胸をしっかりと張ることですね。
ベタ寝でベンチプレスをやってる方をよく見かけますが、効率悪いです。
しっかりと胸を張ってあげることが大事ですね。

フォームの注意点

ベンチプレスのやり方【胸トレ】

ベンチプレスでは、注意点がたくさんあります。

初心者の方は、基本上記のことを気を付けていれば大丈夫です。

しかしながら、より良いフォームを追求したい方は、

重量が伸びるベンチプレスのフォームとは?【筋トレ】 - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

こちらをご覧ください。
こちらの記事では、ベンチプレス世界チャンピオンの児玉さんの動画などを例にとり、さらに詳しくベンチプレスのフォームを解説しています。

是非ご覧ください。

まとめ

ベンチプレスのやり方をまとめました。

正しいフォームをしっかりと身につけて、厚い胸板を手に入れましょう!

スポンサーリンク

//タブメニュー