筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

今すぐできるキーワード最適化【SEO】

スポンサーリンク

今すぐできるキーワード最適化【SEO】

ブログの検索流入を伸ばしたいですか?

本記事では、

  • 今すぐできるキーワード最適化
  • キーワード最適化の注意点

といったことを紹介します。

ブログの検索流入を増やしたい方必見です。

是非ご覧ください。

今すぐできるキーワード最適化

今すぐできるキーワード最適化【SEO】

これだけはやっておきたいSEO7つ - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

こちらの記事で、やっておきたいSEOを紹介しました。

上記には載せていない、SEOのキーワード最適化について紹介します。


そもそもSEOにおけるキーワード最適化とは、キーワードを記事などに適切に含めることを指します。
しかしながら、具体的な方法があまり示されていないのが現状だと思います。
そこで、僕がいつも行っているキーワードの最適化方法をご紹介します。

キーワードを含める場所は以下です。

  1. タイトル
  2. 見出し
  3. 本文
  4. meta discription
  5. 画像のAlt属性

タイトル

当たり前ですが、タイトルにはキーワードを含めます。

ロングテールSEOを意識するなら3つくらい含めておくといいですね。

ロングテールSEOの方法【弱小ブログがアクセス数を上げる唯一の方法】 - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記



ちなみに、SEO用のタイトルについては

【編集オプション】→【高度なタイトル設定】

にあるtitle要素を書くと変更できます。
何が違うかと言うと、

  • 普通のタイトル→ブログを訪れたユーザーが見る用
  • title要素→検索表示用

という感じになってます。

見出し

見出し1つあたり1個キーワードを含めておくとSEO的には良いです。
しかしながら、無理に入れる必要はないと思います。
見出しに無理に入れなくても、本文中に入れることができればSEO的には同じかな~と僕は考えています。

本文

本文は色々なところに含めるように意識しましょう。
僕も今回の記事は「SEO」といっぱい書くように意識してます。

meta discription

メタディスクリプションについては直接的なSEOの意味はありませんが、キーワードを含めておくとユーザーにとってわかりやすいと思います。

これだけはやっておきたいSEO7つ - 筋トレ大学生によるアウトプット雑記

画像のALT属性

最後に画像のALT属性です。
ALT属性には、記事のタイトルを書くとSEO的に良いです。
画像のALT属性、設定していない方も多いと思います。
必ず設定しましょう。

理由としては、

  1. クローラーは画像を認識できない
  2. ALT属性にタイトルを書くことで、キーワードを自然に含むことができる

まず、クローラーは画像を認識できません。
なのでHTMLを読んで、どんな画像か判断しているわけです。
そこに意味のない文字列が含まれていると画像を張っている意味がなくなります。
なのでどこかしらに日本語を含めるのがいいです。

そのどこかしら、というのはALT属性や画像の名前などなんでもいいですが、僕はALT属性を推します。
ALT属性にタイトルを書くことで、キーワード最適化を行えるのでSEOの観点からするとかなり良いですね。
ちなみにALT属性にキーワードを羅列する(例 alt="筋トレ筋トレ筋トレ筋トレ")と、スパム判定されるのでご注意を。

 

キーワード最適化の注意点 

今すぐできるキーワード最適化【SEO】

以下、ペナルティを受ける可能性があるものです。

 

キーワードをテキストに隠して大量に埋め込む

キーワード最適化って、白色の背景に白色の文字で大量に書けばいいのでは?

と思った方、それはやめてください。

クローラーはHTMLを読み込むので、それをやったとしてもバレます。

これを行うとペナルティを受ける可能性があります。

 

キーワードスタッフィング

キーワードスタッフィングは先ほど書いた、

大量にキーワードを詰め込むものです。

こちらも同様、ペナルティを受ける可能性があります。

 

まとめ

キーワード最適化についてまとめました。

簡単にできるので今すぐやってみてくださいね。

スポンサーリンク

//タブメニュー