筋トレ大学生によるアウトプット雑記

筋トレや読書のことをはじめとして、プログラミングその他日常生活における様々なことについて書いていきます。

Output Blog

主に筋トレ・プログラミングについて書きます

Android Studioエミュレータ設定【2020】

スポンサーリンク

Android Studioエミュレータ設定【2020】

Android Studioのエミュレータ設定について知りたいですか?

モバイルアプリ開発をするには必須のAndroid エミュレータですが、意外と設定に手こずるかもしれません。

本記事では、

  • Android Studioインストール
  • エミュレータを作成
  • エミュレータを起動

といったことを解説します。

エミュレータが必要な方必見です。是非ご覧ください。

Android Studioインストール

https://developer.android.com/studio?hl=ja

からダウンロード可能です。

インストーラーが起動したら、特に何もやらずNextを押していくだけで大丈夫です。

Android Studioエミュレータ設定【2020】

順調に進めればこの画面に辿り着くと思います。

そしたら、「Start a new ~~~」をクリックして新しいプロジェクトを作ります。

Android Studioエミュレータ設定【2020】

この画面が出れば、Android Studioのインストールは完了です。

 

エミュレータ作成

次にエミュレータを作成していきます。

Android Studioエミュレータ設定【2020】

Android Studioの右上のアイコンがたくさん並んでいるところがあると思います。

上記の画像のように、AVD(Android Virtual Device)アイコンとSDK(Software Development Kit)アイコンがあります。

まずSDKアイコンをクリックします。

Android Studioエミュレータ設定【2020】

僕のSDKはこんな感じです。

Android 10.0にしてます。理由は特にないです。

エミュレータが起動さえできればいい方は、僕と同じ設定にしてもらえれば大丈夫だと思います。


次に、AVDアイコンをクリックします。

左下に、CREATE Virtual Deviceボタンがあると思うので、それをクリックします。

Android Studioエミュレータ設定【2020】

好きなデバイスとOSを選ぶだけです。

僕の場合は Nexus 6とAndroid10です。

ここのOSのバージョンは、SDKで選んだものと同じにしましょう。

そしたら作成完了です。

エミュレータ起動

Android Studioエミュレータ設定【2020】

エミュレータが作成できていれば、
AVDメニューに上記のように表示されていると思います。
右側の緑色の△アイコンをクリックすると、エミュレータが起動します。

もしエラーが出る場合、Android Studioを再起動してみるといいかもしれません。

それでもエラーが出る場合、再インストールも有効です。(自分はこれで起動できました)

エミュレータでExpoを実行する

React Nativeをやっている方は、Expo環境をエミュレータで実行すると思います。

エミュレータを開いた状態で、Expoコンソール上のRun Android EmulatorをクリックするとExpoが勝手にインストールされて画面が表示されます。
インストール中は、エミュレータ上では画面の変化がないので、注意してください。Expoコンソール上ではインストールの詳細が表示されていると思います。

また、Expoがインストールされて最初に起動する場合、エミュレータの画面がExpoの起動途中で止まってしまう場合があります。
この場合には、エミュレータの戻るボタンで戻ると解決します。

まとめ

Android Studioについてまとめました。

エミュレータを用いて開発をしましょう!

 

スポンサーリンク

//タブメニュー